HOME > リビングアイテム > ソファー

クワイエットアワーズのソファ

こだわり抜いた上質な天然素材
熟練した職人の手によるハンドメイド

クワイエットアワーズのソファのデザインは、直線的なものから滑らかなデザインのものなど様々。
熟練職人が一つ一つ、ミリ単位で手作業で作り上げていく。
さらに、デザインだけではなく永く安心して使っていただけるよう、お作りしております。

商品へ

 

01:構造体

Construction

クワイエットアワーズでは、ウォータヒヤシンス家具の本場タイで、トップブランドと言われている工場の3社のうち2社とタッグを組み、
ハイクオリティな商品を数多くご提供することを実現しております。

左図)ヒヤシンスを編み込む前の木枠。
ヒヤシンスの編み込みをしっかりと支えきれるように、強く引っ張っても形状が崩れない固く頑丈な木枠でなければなりません。
また、構造体は単に構造を作るためだけに存在するものではなく、同時にデザインそのもののことまでも考えて造らなければならないのです。
機械ではこれほどまでの精密なことは出来ません。まさにハンドメイドでなければなし得ない技がここにあるのです。
繊細な曲線を使ったデザインを表現するため、ひとつひとつの形状を丁寧にくみ上げていきます。
だからこそ編み込みを美しく表現できているのです。
右図)肘掛けの美しい曲線が表現されているのは、正確なパーツの設計とともに熟練された職人の技と丁寧な作業があるからこそなのです。

02:素材

Material

商品の仕上がりを決め、一番の肝となるウォータヒヤシンス。しっかりと加工されたものとそうでないものの差は歴然と違う。
クワイエットアワーズでは、しっかりと消毒・乾燥させ、三つ編みで1ピース30m程のロープ状にした後に消毒。天日干し、染色、さらに天日干し、乾燥・殺菌を繰り返し行い、品質管理を徹底している。

03:仕上げ

Finishing

左)編み込みの一人前の職人になるには、10年の下積みが必要と言われています。5年の職人と10年の職人とのスピード差は、約2倍と大きな差になります。
編み込み作業は気の遠くなる地道な作業ですが、熟練の職人がスピーディーに丁寧に編み込む事で、
美しいウォータヒヤシンスのデザインが生み出されるのです。
中)クッションの作成。ソファの要とも言えるクッション材には堅さの違うウレタンを組み合わせて3層にし、程よい座り心地を生み出します。
この後に、カバーが取り付けられます。
右)最後に編み込み時に生まれた毛羽のカットや色むら等の修正を行い、厳格なチェックを行った後、パッケージングされて出荷。

クワイエットアワーズのソファ

下記より、オンラインショップにて商品の詳細を確認いただけます。

デイベッド/ウォーターヒヤシンス/[TSL10018]

ソファ/ウォーターヒヤシンス[TPL10034]

ソファ/ウォーターヒヤシンス[TPL10009]

カウチソファ/ウォーターヒヤシンス

ソファ/ウォーターバッファロー[TPL10001]

デイベッド/幅160cm/バナナリーフ[C148-3AT]

ソファ/幅180cm/ファブリック/ウォーターヒヤシンス[ACD790DK]

組替えカウチソファ/幅185cm/ウォーターヒヤシンス[TSL10026]

無料カタログとモダンインテリアをセットで差し上げます。

クラスティーナインターファニチャーでは充実したアイテム、商品の詳細がわかる最新カタログを無料でご自宅にお届けいたします。

項目の入力は数秒で完了!

カタログを請求する